ささやかな喜びが、 いずれ大きな喜びとして実を結びます。

これまで「ファイナンシャルプランナー(FP)」の検定試験、
合格の秘訣(=「フォーサイト」の通信講座)についてたくさんのことを説明してきました。
今度は“良さを実感した私が取り組んだこと”の一端をご紹介します。

まず大切なのは「フォーサイトの教材を信じること」。これは言うまでもありません。
そして、「ひと通りやり抜くこと」。そうすれば自信が付き、手応えが感じられます。
「一度では届かないかも?」が、「繰り返せば絶対大丈夫!」に変わります。
合格ラインに必要なことは網羅されていますから、
届いたテキストを着々とこなすことが「無理のない学習計画」となり、
「予想以上の学習効果」になるのです。

時間の使い方として、「メディア講義を終えると、問題集へ」という流れを定番にしました。
時間のやりくりが大変な時もありますから、1日何時間という決め方はせず、
「ここまでは頑張ろうと進み具合に重点を置いた」
のが良かったですね。
集中力が途切れそうになっても、あと何分ではなく、あと何ページ、と考えることで
着実にこなすことができました。
また、問題集は「一度目は全問トライ」し、「二度目は間違いを正す」ことに集中。
「三度目は改めて全問を解いていくこと」で弱点が明らかになり、
捨て問も意識するようになりました。  

そして、本試験1カ月前からは問題集中心にシフト。
ここまで来て、ゆとりを持つことも忘れませんでした。
週のうち1日はリフレッシュ日を設けることにしたのです。
何もしないわけではなく、ガチガチに予定を決めない日というニュアンスでしょうか。
予備日があることで焦りがなくなり、かえってきちんとペースを守ってやり通すことができました。

「フォーサイト」に任せておけば、問題ナシ! ですが、
自分なりの工夫を凝らすことで、さらに確実にゴールへ近づくことができます。
やる気を出すには、楽しく勉強すること。目標達成の度にささやかなご褒美を自分で決めておくと、案外楽しく続けられますよ。その繰り返しが大きな喜び(合格)として実を結びます。