FP技能士検定試験。 合格を勝ち取るために。

“合格に向けてスタート”するには、きちんと学習環境を整えたり、
しっかり計画を立てたりしなければなりません。
「ファイナンシャルプランナー(FP)」に限らず、「行政書士」や「社会保険労務士」などの
“資格取得”については、社会人や主婦のトライが多いものです。
そこで、勉強法については、「早く確実に実力が身に付く『通学』がいい」とか、
「じっくりマイペースで勉強でき、コストが掛からない『独学』がいい」といった意見のほか、
「比較的安く済む通信講座がおススメ。
きちんと計画が立てられ、自分のペースで勉強できる『通信』がベスト」
といった声が
聞かれます。

私は、先輩からの受けたアドバイスや自分で調べてみてわかったことがあり、
『通信』(通信講座)をセレクトしました。
今さらながら、自分に最適な勉強法だったと確信していますし、
みなさんにもお勧めする勉強法です。

何が良かったのか?──私が出合った「フォーサイト」の通信講座のことを中心に
お話ししたいと思います。
『独学』や『通学』にも、それぞれ良さがありますから、あくまで自分に合った勉強法で臨むべきです。が、私が選ばなかったのは、こんな理由からでした。
時間が自由になる『独学』は魅力的です。経費的にも負担は重くありません。
ただ、教材をどう選ぶかが問題です。
試しに書店を覗いてみると多種多様なテキストがあり、選び切れません。
また、自分がどれだけ勉強すれば合格できるのかがわからず
(なかには“これ一冊で大丈夫!”と謳っているテキストもありますが……)、不安感は拭えません。
確かに『通学』は着実にレベルアップできるかも知れません。
しかしながら、自分が通える講座(専門学校や予備校)を見つけるのは至難の業。
仕事をしているので平日は難しく、かと言って土日に通い続けられるかどうか……。
それに、授業料などの出費は抑えたいのが本音。

そこで、『通信』。
上記のような気になる点が解消でき、自信を持って勉強を継続することができます。
特に「フォーサイト」は配慮が行き届いており、最後までやり遂げられたのが勝因になりました。